お飲物

※表示価格は消費税込です。

日本酒

  • 喜多屋 蒼田 一度火入れビン貯蔵 純米吟醸 福岡<一合> 1,100円
    「山田錦」のみを55%に磨いて仕込み、低温でじっくり発酵させ、フルーティーな香りとキレの良い風味を引き出した辛口の純米吟醸です。繊細な味の料理を引き立てます。とりわけ刺身・すしなど魚料理との相性は最高です。
  • 出羽桜(でわざくら)出羽燦々誕生記念 純米吟醸<一合> 1,100円
    山形を代表する酒米「出羽燦々」を100%使用し、「オリーゼ山形(麹菌)」「山形酵母」と山形オリジナルの原料のみで醸した「山形」を最も感じられる1本。 青リンゴを思わせるジューシーな香り、柔らかな旨味と上品な酸のバランスが絶妙です。
  • 鶴齢(かくれい)純米吟醸 新潟<一合> 990円
    米本来の味を重視しながらも、軽くソフトに仕上げ飲み飽きしない純米酒。ほのかな香りと優しいふくらみのある旨味が調和した1本です。
  • NEW 大那(だいな)超辛口純米+10  栃木<一合> 990円
    「大いなる那須の恵み」を意味する限定流通品「大那」(だいな)。那須産の良質の酒米を原料米に使用、小仕込み長期低温醗酵により、お米を噛むような凝縮感のある旨味と心地よい酸と喉越しが特徴。
  • NEW 大七純米生酛  福島<一合> 880円
    生酛造りの決定版と世評の高い大七の純米生酛。豊かなコクと旨味、酸味が完全に解け合い、後味のキレも良し。燗をつければ つつみ込まれるような、心に染み入る美味しさ。
  • 雁木(がんぎ) 無濾過 純米酒 ひとつ火 880円
    人気の 「純米 無濾過 生原酒」 を若干加水して一回だけ火入をした生詰めバージョンです
  • 京生粋(きょうきっすい) 純米吟醸 京都米 880円
    穏やかではんなりとした味わいの旨口タイプ。京都産にこだわり、千利休が用いた銘水「銀明水」を仕込み水に、酒造り好適米の「祝」、京都吟醸酵母「京の琴」を使用。

焼酎

本格麦焼酎

  • 麦焼酎(ボトル)2,750円
  • 麦焼酎(グラス)550円
  • 二階堂 吉四六(ボトル)4,950円

本格芋焼酎

  • 芋焼酎(ボトル)3,080円
  • 芋焼酎(グラス)660円
  • 吉兆宝山(ボトル)3,960円
  • その他、甲類サワー各種 550円

クラフトジン

  • ROKU(ミニグラス)1,000円

ワイン

ワイン 白

  • シャブリ(ボトル)7,150円

  • ボトル 3,300円
  • グラス 660円

ワイン 赤

  • ボトル 3,300円
  • グラス 660円

スパークリングワイン 白

  • ボトル 6,600円

スパークリングワイン ミニボトル

  • ボトル 2,500円

ビール

  • サッポロ黒ラベル生 (中)660円
  • サッポロ黒ラベル生 (小)550円
  • サッポロラガー (中ビン)660円
  • アサヒドライZero (アルコールフリー)  550円

ウイスキー

  • 角 880円
  • マルス 660円
  • ハイボール 660円

マルスウイスキーについて (本坊酒造株式会社ウェブサイト https://www.hombo.co.jp/ より)

日本で蒸留された初めてのジャパニーズウイスキーは昭和4年(1929年)に誕生しました。その20年後、戦後間もない昭和24年(1949年)にマルスウイスキーの歴史は始まります。高度経済成長期の昭和30年~40年代には、仕事帰りに立ち寄って気軽にウイスキーを飲めるスタンドバーが流行するなど、日本でもウイスキーが定着しはじめ、やがて日本各地で独自のウイスキー造りをはじめるという「地ウイスキー」ブームが起こります。 製造規模が小さいながらも地道に個性豊かな地ウイスキー造りに努め、1980年代の地ウイスキーブームの火付け役とも言われました。

ソフトドリンク

  • コーラ 440円
  • ジンジャーエール 440円
  • オレンジジュース 440円
  • 烏龍茶 440円
Print Friendly, PDF & Email