いつくのこだわり

お塩

当店のお塩は竹墨のお塩です。青竹の中に塩を詰めて炭焼き窯で焼いたお塩です。竹の香りと角のとれた天麩羅に合うお塩です。ツンとした辛さがなくまろやか。それでいて甘みも感じられるのは自然のミネラルの働きです。食材本来の旨味を上手に引き出します。特に魚介類との相性は抜群です。

醤油

醤油は小豆島の丸島醤油を使用しています。丸島醤油がお届けする国産有機しょうゆは、天下の景勝“寒霞渓”の山麓で、今や入手が困難な有機栽培による国産丸大豆を使用し、添加物を一切使用せずに、昔ながらの製法で丹念に時間をかけて製造しています。加熱処理を行っていないので、鮮やかな色、まろやかな味と香りが特徴です。

10月27日のお魚捌き教室は定員になりました

くわしくはこちら。

旬のおすすめ

五周年記念特別ペアコース

大人気の「ペアコース」お二人で10,000円。

ペアで美味しいものを召し上がりたい方に!前菜三品、刺身三種盛、旬の天婦羅三品、鮨六貫、お椀(お一人当たり)、ドリンクお一人あたり二杯(乾杯のビール+お好きなものを一杯)。是非ご利用ください。

慈のランチメニュー

レディースコース 税込3,000円
前菜三品、天麩羅三品、鮨六貫、お椀。
※要予約

四季折々の恵み

四季折々の恵みを美味しく提供します。

「岩牡蠣」は夏が旬。大きくてジューシーな味。時間をかけて成長するため、殻と身が非常に大きく育ち、真牡蠣に比べ大きさも厚みもあり、見た目で明らかに分かるほどのボリューム。繊細でジューシーな味わいが特徴。

職人が教える魚料理教室、好評です。

くわしくはこちら。

入り口を彩る流山切り絵行灯が完成しました

くわしくはこちら。

慈 (いつく)について

2015年9月開店。
皆様のご愛顧いただき、
早くも3周年を超える事が出来ました。

海を慈しむ。茅ヶ崎を慈しむ。
なにより、お客様を慈しむ。
一期一会の、このひと時を慈しむ。
いつく、という名前には
店主のこうした想いを込めました。
店主の握るこだわりの寿司と、
旬の素材を活かした天婦羅が堪能できる、
茅ヶ崎南口の隠れ家的な鮨処です。
法事、慶事の際の
ご会食プランもご用意していますので、
気軽にご相談ください。

鮨処 慈 店主 野崎泰弘

店主プロフィール

藤沢下田鮨の池田氏に師事し、
後に和食に幅を広げる為、茅ヶ崎フィシュセンターで学ぶ。

熱海大観荘では京懐石を学ぶ。

熱海季魚喜人では海鮮料理を深める。

二代目錦寿司店主となる。

藤沢天喜代店長を務める。

東京駅天喜代料理長を務める。

14年9月に愛着のある茅ヶ崎にて
鮨処 慈 (いつく)を開業、現在に至る。